information

  • 2017.07.28

    低周波・赤外線

    IMG_0260

     

    低周波とは、周波数範囲が1~1,000Hzの電流の一種です。身体に通電させることで浅い部分の筋肉を収縮させることができます。筋肉を収縮させることにより血行不良の改善(こり・疲れ・しびれ・血行不良による痛み)、固定した後の筋肉の萎縮を防ぐ、神経痛などの痛み、疼痛の緩和等の効果があります。

     

    image1

     

    赤外線とは、赤外線を利用し光線療法の1つで、波長0.77~400マイクロメートルの電磁波です。赤外線には、温熱効果があります。血液循環や細胞組織活動を促進 する効果があります。皮膚に吸収された赤外線は熱となり、体内をやさしく温めます。 この効果によって血管が拡張し、血行を盛んにします。血行が改善されることで細胞や組織の生命活動は活発になり、新陳代謝がうながされ、老廃物の分解が迅速に行われます。

     

     

  • トップページ
  • 診療案内
  • 地図 アクセス
  • 求人情報
市川整形外科内科

∗診療時間∗

【 午前 】
 9:00~12:00
【 午後 】
 15:00~19:00
日曜・祝日も午前中 診療しております

∗住所∗

〒272-0021
千葉県市川市八幡1-4-22